4定開会 続き 決算不認定2017/12/05 21:53

  前回に引き続き、5日開会の議会で2016年度一般会計決算が不認定となった件についてご報告します。
 11月24日まで開かれていた決算特別委員会でも全会一致で不認定となっていたことを再確認した形です。全会派が不認定とし、その理由を討論で述べましたが、無所属で市長を擁護する立場にいる石田博一議員は討論を行わず、理由も不明のまま決算案に賛成したことには大きな疑問が残りました。
  なお、私たち民進党の不認定を求める討論は高橋龍議員が行いました。その内容を掲載します。

                  話題に   全く関係ありませんが。
討論

 民進党を代表し、議案第7号平成28年度一般会計決算について、不認定の立場で討論させて頂きます。

 まず除排雪について、以前のような細かな排雪が行われていないこと。排雪抑制をしていないとしきりに言ってはいますが、市民目線で考えた時には排雪を行うべき場面であっても、パトロールを行った結果必要ないと断ぜられた箇所が多々あること。

 森井市長はきめ細やかな「除排雪」を謳っているにも関わらず、就任後に行われたのは除雪において出動の要件を15センチの降雪から10センチへの変更や、カタカタ路面の解消など、除雪に特化した部分でしか変化がないことも大いに問題であります。これは現状「比較的細やかな除雪と、大まかな排雪」です。道路脇に残る雪の総量を削減出来ているわけではありません。

 つまり、必要に応じて行っているはずの排雪が、市民にとってではなく、小樽市側にとって必要な場合であると言わざるを得ない状況なわけです。

 その裏側には経費の圧縮があり、さも適切に処置を行っているかのように市民の方々に伝えることには、違和感を覚えます。

 市民の皆さんの声と今一度真摯に向き合うべきです。排雪は除雪に比べて費用がかかることは存じていますが、通学路の安全確保すら出来ていなかった予算執行には賛同出来ません。

 また、その他高島漁港の手続きの瑕疵なども含めて、市長の行政運営は独善的であると考えます。

市民の為と言いながら、市民目線が欠如していることを踏まえて、決算を是とするわけには参りません。

従いまして、平成28年度決算を不認定とするものであります。

 以上、各会派の賛同を求め、討論とさせて頂きます。


 他の会派はこれらの理由以外にも、森井市長の交際費について不足分を市職員課の予算を流用して使ったことが国の定める通達に違反する不適切な使い方であり、しかも議会の議決も経ないチェックを受けない方法で支出したことを問題視しています。

 改めて市長の昨年度1年間の市政運営は数々の失敗で市民に迷惑をかけたという判断を決算不認定という形で表したことになります。

 




ゆめポートライブ 高野宏康先生講演2017/12/05 21:15

 吹雪の中、小樽商大で開かれた「ゆめポートライブ」に行ってきました。日頃からお世話になっている商大の高野宏康先生の講演会です。
演題は
  「物語」で読み解く小樽の歴史的建造物
         〜地域観光資源としての「物語」発掘記〜
 ということで、いつも以上にパワフルで次か次へと繰り出される新発見の小樽の歴史遺産解説にあっという間の1時間半でした。
 
       商大図書館に初めて入りました。オープン教室の雰囲気です。

 日本遺産認定を目指す小樽市で現在の課題は何か。その解決法とさらに今後、何を小樽の文化、観光について将来の軸にしていけばいいのかを示唆されていました。
 小樽の「物語」「ストーリー」というキーワードを中心にして
「物語」と「歴史」のちがいなど話に続き
 ・「海」のつながりの物語
 ・「まちづくり」の物語
 ・「負」の遺産の物語
これら3点について具体的な調査資料を写真で示していただきました。

その中で印象的だった点を紹介しますと
・運河倉庫群にある建物の歴史を見ると、海運で活躍した北前船船主が建て、運河保存運動で活躍した市民が砦とし、現在観光施設として活用されている。そんな流れが「まちづくりと建物」に歴史の典型であること。
・小樽の「物語」は「近現代」「近過去」が重要なポイントであること。
・現在の「観光都市・小樽」のイメージ確立後、課題として「昭和レトロ」だけではない新たな観光資源の発掘手段として「物語」は重要であること。
・「物語」観光「ヒストリーツーリズム」は課題の「滞在型観光」実現の役に立つこと。
・「負の記憶遺産」として市内に残る防空壕(小樽は突出して残っている}の教育的価値、資料が残る「尼港事件」のことなどが遺産たり得ること。
などでした。
     先生の出身地でもある加賀市橋立の北前船船主のお話です。

 私が特に感じたのは、何となく高野先生が考えておられる日本遺産地域型の小樽市のストーリーがうっすらと見える気がしたことです。
 今日のような講演会を広く市民のみなさんや関係者に観ていただき、共有できていくと良いなあと感じました。

第4回市議会定例会開会2017/12/05 17:08

大変更新が滞り申し訳ありません。

本日10時から本会議が開かれ、1225日までの第4回定例会の議会日程が決まりました。その後、森井市長からは市長提案説明の前に市長、副市長の辞職勧告決議への対応について話がありました。

「自分については、辞職勧告決議は重く受け止めているが、職責を全うすることが自分の役割なので、辞職する考えはない。今後は、反省すべき点は反省をし、改善すべき点もしっかりと改善していく。副市長についてはコンプライアンス委員会から指摘のあった「高島漁港区の観光船事業」に関し、職員への指導を誤ったこと、また、議会との信頼関係が損なわれことを理由に、11月30日をもって辞職した。」だそうです。

 副市長の辞職については、全く自分に責任のないような口ぶりですが、新聞報道にもあった通り森井市長が「私より(辞職勧告決議に対する)賛成が多いですね。」と副市長に言い放ったとのこと。全く自分の失政のしりぬぐいを上林副市長にさせていたという自覚が皆無である人を補佐する事への徒労感が極まったのではないかと私は推察するところです。

 もちろん、私も上林副市長とは教育の諸問題への対応、日本遺産認定を目指す動きづくりにご尽力をいただいたという感謝の念がありますので、今回の辞職には複雑な思いがあるのは事実です。しかし、市長のなぜ自分の賛成が副市長を下回ったのかという理由を推測する知識も政治的判断力もなく、こんな反応をして支えてくれた人を失望させるその単純さにあきれるばかりです。

 

 さて、この議会に提案された主な議案は

○一般会計補正予算  補正額は、5,611万4,000円の増

・結核の集団感染対策の進展に伴い「命令入所措置費及び医療療養給付費」並びに「住民検診費」を増額。

・色内ふ頭岸壁の老朽化により、当分の間、利用禁止としている色内ふ頭公園の来春の利用再開に向けて、岸壁周辺などへの立入防止柵設置工事などです。

○その他として

議案第5号として、市長の減給条例が先の定例会で否決となりましたことを受け、量定を見直し、改めて提案され、市長の平成30年1月分の給料月額を50%減額する条例案が出されました。

  この件については、「高島漁港区に観光船の発着場建設を市の条例に違反して許可した責任に加え、ふれあいパス事業で必要な契約を結ばないで事業を行った規則違反も含めて市長の責任として出されたものです。前回は1か月10%でしたから、それよりも重くとらえたものとなっていますが、今後、高島の問題で事業者が損害賠償を訴えた場合、この50%の減給分で足りるのか、市民負担となることを納得できるのか、はなはだ疑問ですので、今後議会の中で追及していく予定です。

 

 以上、今議会の始まりの様子です。私は1213日の一般質問に登壇の予定です。次回、その概要についてお知らせする予定です。また、ご覧下さい。




『まちづくりセミナーin朝里』開催報告2017/10/28 09:51

 少し遅れてしまいましたが、10月24日に開催された『まちづくりセミナーin朝里』についた報告します。

 私も参加している「朝里にまちづくりセンターを創る会」の主催で新光4丁目の「中サロン」を会場に定員をオーバーする60人以上の近隣地域や町内会、歴史文化に興味をお持ちの方、市職員、「小樽朝里のまちづくりの会」会員のみなさんがたが熱心に参加していただきました。

      私が制作したチラシです。


それというのも講師に小樽商科大学グローカル戦略推進センターの高野宏康先生をお招きしてのセミナーだったからだと思います。高野先生は近頃「北前船」を中心に講演会講師に引っ張りだこで、新聞等にも先生は調べられた小樽の文化史等が特集でよく掲載されています。

高野先生。石川県ご出身でご先祖が北前船の船頭さんだったそうです。


 私は議員に成り立ての頃、小樽市内の小学生の背負うランドセルならぬ「ナップランド」についてお調べの高野先生と知り合いました。それ以来、小樽市の「日本遺産」登録についての質問制作の際にご助言ご指導をいただいています。会でセミナーを企画した際、講師として真っ先に浮かんだのが高野先生でした。「市内に残る歴史文化遺産を観光に活用するだけでなくまちづくりに役立てよう。」そんな発想で語れるのは高野先生!そんな思いでお願いし、快諾をいただきました。

 ここで改めて高野先生と参加者のみなさんにお礼を申し上げます。

    会場いっぱいの参加者のみなさん。

 

 さて、セミナーの概要についてですが、タイトルは

「まちのたからものの見つけ方」〜歴史文化遺産とまちづくり〜

主な講演内容については

・ はじめに

  歴史文化遺産とまちづくり

  まちのたからもの発見記① 〜北前船と小樽・後志のルーツ〜

  まちのたからもの発見記② 〜小樽・後志の歴史文化の魅力〜

  まとめ

という内容でしたが、わたし的なとらえでポイントとしてあげれば、

  歴史文化遺産は地域観光資源として有効だが、地域づくり・まちづくりのキーポイントになり得る。

  その点で文化庁の進める「日本遺産」は地域ブランディング・シビックプライド醸成に力を発揮する。

  地域遺産を地域の住民が主体となって発掘する朝里まちづくりの会発行の「朝里再発見」、「朝里遺産」認定の活動は先駆的、画期的とりくみである。

     朝里再発見を紹介する高野先生


  小樽は、運河保存運動後に始まった、観光に歴史文化を活用する先駆的都市である。

  「北前船」についてその役割のとらえ方などは本州視点とはちがう北海道視点がある。

  小樽の企業勃興は官とは無関係に北前船主が大きな役割を果たしてきた。そのルーツが今も神社やお寺に残る「船絵馬」や石材、瓦に残る。

  北前船とアイヌ民族の関係について、アイヌの祭祀具であるイナウが船内に祀られるなどヨイチ場所では和人とアイヌ民族が共存していたと思われる資料もある。

  小樽のひとや小樽市内に残る防空壕跡、尼港事件の記録など「戦争の記憶」も資源であること。

等々です。

 2時間近くの密度の濃い講演でしたが、先生の好奇心旺盛な発見探求の成果を目の当たりにしてあっという間でした。

 

 この後1時間ほど、先生を囲んでの懇親会が持たれ、その熱を引きずったまま、先生と会員のみなさんが楽しく過ごさせてもらいました。

 

 このセミナーのお話は、今後のまちづくりの活動の背骨になる貴重なお話でした。私としても歴史文化が小樽にとって、とても重要な構成要素であると確信が持てました。今後も議員活動でしっかりと提案していこうと思いました。

 



活動報告29号発行2017/10/24 21:04

 「佐々木つかさ活動報告第29号」を発行しました。ご覧ください。
 今号には、森井市長の行政の理解不足等が原因による答弁訂正で何度も議会が止まった実態や、その結果市長・副市長の辞職勧告決議可決について。通学路除排雪についてなどを掲載しています。