北前船トーク&チェンバロコンサート2017/02/11 21:50

  雪あかりの路期間中に北前船をテーマとしたイベント、「雪あかりの歴史浪漫〜北前船トーク&チェンバロコンサート〜」(主催:雪あかりの歴史浪漫実行委員会)が運河プラザで開催されました。進行役を務められた小樽商大の高野宏康先生のお誘いで私も参加してきました。

  おふたりのトークセッション あふれる教養と知識。小樽への愛があふれていました。


 江戸から明治期に特に米をはじめとする生活物資など、北海道に住む人の日常生活を支えた品々を北海道でとれる昆布やにしんなどと交易することで支えてきた北前船の役割とその海運に関わった船主や船頭さんについてのトークでした。

   弁財船の帆のおはなし。帆の大きさから船体の大きさを測る


 もと総合博物館館長土屋周三さんと高野先生のトークセッションでは、その辺の所を最新の調査成果に基づき分かりやすく紹介してくださいました。お二人ともあまりにも膨大な知識の中からお話なので、本当に時間がいくらあっても足りないという感じでしたが、まずはこれからの活動のイントロということでしょうね。この先を楽しみにしていきます。

 お二人のトークセッションに続いて、明楽みゆきさんのチェンバロ演奏がありました。チェンバロを生で聞くのは初めてでした。ピアノのような形からは判りませんが弦楽器なのですね。バッハのようなクラシックばかりではなく、涙そうそうなど知っている曲も弾いていただいたので、楽しく聴くことができました。また、明楽さんの曲間のお話もお上手で引き込まれました。

  これがチェンバロという楽器。ご自身で車に積んでツアーをするそうです!


 明楽さんとそのご一族の北前船と因縁や高野先生も曾祖父が北前船の船頭さんで加賀橋立町ご出身ということでその関係からくるのか情熱や使命感のようなものが感じられました。

 特にお話の中で印象に残ったのは、

今回、秋田市酒田市など本州各自治体と北海道の函館市松前町が日本遺産の登録をめざして申請を文化庁にあげたことが報じられましたが、北前船の寄港地として北海道からの視点で改めて捉える必要がある、ということでした。 

 北海道の成立に深く関わる北前船、特に天然の良港小樽の果たした役割も大き買ったということが当時の写真からもよくわかりました。

 ところで、小樽市も日本遺産認定をめざしていますが、この度、以上のように函館、松前、そして江差町も単独で申請を出しました。北海道からこれだけ出てきています。私としては小樽市としてもがんばって認定をめざしてほしいと切望します。

       道新の記事から

 入場時に、田中酒造提供のおたる酒まんじゅう、UNGA提供の和三盆、おもてなし煎茶師による温かいお茶をいただきました。ほっこり気分でお話に入っていけて良い気分でした。



朝里十字街雪まつり最終日2017/02/05 21:18

 朝里十字街雪まつり2日目です。本日は絶好の日和に恵まれ、大勢の方に起こしいただきました。ざっと500名ぐらいはいらっしゃったのではないでしょうか。たくさんのゲームやイベントで楽しんでくださったのではないでしょうか。東小樽地区の元気と未来につながる楽しい気かうだったと自負しています。
 本当にたくさんの方が来てくださいました。7回目という積み重ねでしょうか。

それにしても感心するのは司会の中さん末永さん。次から次へと朝里地区の話題を途切れずにつないでくれていました。なかなかでききることではありません。こうした表で活躍してくれる人、裏方で後始末をしてくれる人様々な人がいてくれて、こうしたイベントが成り立つのですね。
 とにかくこの地域にこんなにたくさんの子どもたちとお父さんお母さんがいてくれて、子育てに励んでいてくれていることが判って明るい気持ちになりました。ここでオブジェを作って良かったと感じました。
 夜の写真も含めてみてください。
  上.薄暮の頃はブルーに映りますね。下.時間が下るとブルーが消えます。

     柔らかくて暖かい光に包まれます。写真を撮っていて愉しいひとときです。

             良い写真が撮れたでしょうか。朝里十字街がお二人の思い出になりますように。(余計なお世話か)

朝里十字街雪まつり開催2017/02/04 15:13

 先週の土曜日から作成を開始した雪のオブジェがようやく1週間後に完成。2月3日金曜17時から点灯式を行いました。
 制作中寒い日が続き、雪像には良かったのですが、私の体にはこたえました。それでも何とか点灯式を迎えホッとしました。今年も天候となかまにに何とか助けられ、ロウソクに火をいれられたことに感謝です。

                               恒例の安全祈願。

  やはりロウソクの火は柔らかいですね。雰囲気を盛り上げます。


 さて、翌日4日土曜は朝里十字街雪まつり1日目。
大勢のみなさんが集まってくれました。やはり今年で7回目、地域にも知名度が上がってきたようでうれしいことです。今日はスタッフ含めておよそ350人の参加とのことです。
 伊藤実行委員長の挨拶に続き、各オブジェの説明です。私も「朝里にまちづくりセンターを創る会」の一員として「未来環境都市アサリとアトム』と題して私たちの作品について自己紹介をしました。
 『未来といえばまずアトムが浮かぶが、地元では朝里ダム、朝里ループ橋などの人工物、朝里の山々、川、海などの自然、そして、そこに住む私たち人々。三者の調和した未来環境としてのわがまち朝里。ループの曲線が遥か山の上まで伸びていくイメージを重ねました。」というような内容だったと思います。
               つい演説口調になってします。反省です。
 
 引き続き、集まった子どもたち対象の宝探しや玉入れ、朝里の歌姫叶やよいさんの歌謡ショーなどが行われ、あっという間に楽しい時間が過ぎました。
           雪の中に埋まっている宝物を探せ!みんな必死です。

      叶やよいさんとアトムのコラボ。やよいさんが朝里の歌を歌うときは里々(りり)さんになるのです。

                      白熱した玉入れ大会。白組の大逆転!

 地域町内会のみなさんが用意したうどんおそばや飲み物、お雑煮なども大人気のようです。
 
        小樽のゆるキャラ運ガッパや道新のブンちゃんも登場!子どもたちとクイズ大会や写真撮影に活躍してくれました。ごくろうさま。
            行列のできる滑り台。そりも用意してありますよ。

 地域の子どもたちが元気になることは地域が明るくなることです。そのためにこんなにたくさんの人が力を合わせられる朝里新光地区の将来は私たちの作ったループのように明るい未来に向かって伸びているなあと感じます。
 明日5日も11時より朝里十字街雪まつり開催します。まちの雪あかりの路も良いですが、子どもと一緒ならばこちらにもどうぞ。
 
 そうそう、実は夜5時から毎日オブジェに点灯していますが、私はこの雰囲気が大好きです。










雪のオブジェ作り2017/01/30 20:11

 今度の土日4.5日の朝里十字街雪まつりのオブジェ作りをここ3日間進めています。28.29日は私たち「朝里にまちづくりセンターを創る会」を始め、「朝里まちづくりの会」、朝里、新光地区の各町内会、郵便局長会の皆さんたちが集まり、雪像作りにとりくみました。

      
 特に日曜日は天候にも恵まれ、各チームが力を合わせ、おのおの楽しく語らいながら作っており、日頃の活動の中で培った仲の良さや段取り、手際の良さが光っていました。また、もう6〜7年作り続けている熟練の技が像の出来に表れていますので、みなさんも是非、一度見に来てくださいね。
3日金曜日17時からロウソクの火をいれる点灯式があります。
  
    私の所はステージにもなるので全体の形と朝里ダムのループ橋のイメージをいかに未来的に見せるか、というあたりがポイントですね。

      各町内会では酉年からのイメージや凱旋門、小樽のゆるキャラ運ガッパくんを題材にしているようです。まちづくりの会は獅子頭やすべり台を作っています。毎年すべり台は子どもたちに大人気です。


小樽市内に「子ども食堂」を作ろう2017/01/21 20:21

「子ども食堂」を小樽でも

 21日、小樽市生活サポートセンター「たるさぽ」・小樽ソーシャルワーカー連絡協議会「そある」が主催、小樽わくわく共育ネットワークが共催し、「ふくし100人会議inおたる」が開かれました。今まで3回開かれていて今回は特別編で「子ども食堂」小樽開設がテーマということで、私も参加させてもらいました。

  70人以上の参加者。熱心な話し合いが持たれました。


 私も議会で指摘していますが、「子どもの貧困」問題がクローズアップされています。現在、日本では6人に一人が貧困状況にあるといわれています。しかし、なかなか表には見えづらく、また、個人や家庭の責任にされがちなのですが、小樽市においても着実に子どもだけでなく、高齢者も含めて経済的に厳しい状況におかれている人は減ることはない、むしろ増加しているのが現状ではないかと憂慮しています。

 そんな中で注目されているのが「子ども食堂」です。「子どもたちが安心してこられる無料又は定額の食堂」というのがおおよその定義だそうです。その子ども食堂をこの小樽でも作ろう、という呼びかけや、実際の活動はどのようにされているのか、その課題や展望について学ぼう、意見交換しようという集まりでした。

 話題提供として札幌市ですでに開設されている子ども食堂のスタッフとして活動されている片山寛信さんと小樽商大の学生、白戸敬登さんが以下のようなお話をしてくれました

  すでに札幌市では30カ所近くの子ども食堂が開かれていること。

  片山さんが関わっている子ども食堂では週に一度の開催。場所はレストランをお借りしたり、町会の会館を借りていること。

  参加者は子どもに限らず保護者、大人もいること。多いときで子ども11人保護者が4人ぐらい。

  スタッフは料理班と子供のお世話班に分かれて対応している。個人に負担がかからないように分担している。人的にも経済的にも継続するのが難しい。

  提供する料理は集まった食材等を工夫して決めること。食材の供給には企業や個人からの支援を食堂をつなぐ仲介者役であるフードバンクが重要な役割を果たすこと

  片山さんは児童養護施設職員の方。


  子ども食堂の機能は

  食を通した支援機能 

  子どもが安心していられる居場所機能 

③参加する子どもや他車との交流機能 などがあるとのこと。

  商大生が中心になって2月より毎週火曜日に開設することを発表。

  子ども食堂の分類として4種類あるが、ターゲットを非限定、交流を主にした型が主流になっているが、貧困世帯にターゲット絞った方法は難しいこと。

  課題として資金をどう集めるか。本当に必要とする子どもたちにできることは何かなど。


 これらのお話で具体的なイメージを把握できました。また、実際に商大生のみなさんの行動力はすばらしい!とお感じいりました。



続いて、「小樽市内に子ども食堂を作ろう」というテーマで参加者が5,6人ごとに分かれて気楽に語り合うワールドカフェスタイルでの話し合いがもたれ、最後に各テーブルから報告がありました。


私のテーブルには「小樽わくわく教育ネットワーク」の方や「おたる相談支援センター」の社会福祉士さんたちとごいっしょになりました。

  子ども食堂=貧困というイメージがあるので名称としては使えない。

  開設場所として例えばお寺、閉校した学校、コミセン、空き店舗、商店街、市場など

  子どもが夜、安心して居られる場所が必要。

  徒歩圏内にあること。不登校の子もいける選択肢があれば

  維持費をどう確保するか。光熱費等、市の支援は

  人口減少、若者の働く場減少など地域課題を反映している。

などなどのご意見がでました。

出た意見をテーブル上の模造紙にどんどんメモ。


わたし的に印象的なのはまわりの参加者になぜか私の地元、朝里・新光の方が多く、具体的な話がたくさん出たことです。「朝里にまちづくりセンターを創る会」のメンバーとしてはセンターをこのような地域の子どもたちの居場所としての機能を持たせようと提案をかねてよりしていましたので、心強く思いました。

カフェ参加の様子です。途中で他のテーブルと入れ替えがありました。


今後、子どもたちの学習支援(学力向上策としてよりは全ての子どもたちが学習面で同じスタートラインに立てるという意味での支援)も含めて、私としてできることに関わっていこうと思います。