共謀罪にNo!2017/05/15 09:29

 今、国会で過去3度廃案になった「共謀罪」を「テロ等準備罪」と言い換えて審議中です。今18日の衆院法務委員会で共謀罪を強行採決し、衆院を通過させる方針とのこと。

このままではいけない反対の声をこの小樽からも、ということで私たち小樽民進党として13日日曜日11時から小樽駅前で街頭啓発活動を行いました。

 参加者は私たち小樽市議団5人 川澄宗之介道議、本多平直4区代表です。

 思いの外、配布ビラを受け取っていただけ、この件に関しての関心は決して低い訳ではないと心強く思いました。これからもあきらめることなく、共謀罪の危険性について訴えていきます。

    

以下、私が街頭で話をさせてもらった内容の概略です。よろしければ少し長いですが、お読みいただければ。

 

①現状

 安倍首相は “東京五輪のテロ対策”に共謀罪は不可欠と言っている。

 新聞各紙の世論調査でも若い世代ほど「内容はよくわからないが、テロのためなら必要なのでは。賛成。」という傾向。テロ対策だから。自分たち犯罪とは関係ない一般市民を守ってくれる法律だから、少々問題あっても、とお考えでは。

 残念ながらこの法律改正は私たち市民をテロから守ってくれるものではない。

テロ対策にもならないし、犯罪対策に不要であるばかりか、市民生活に重大な制約、不自由をもたらすものなのが実態です。

 

②内容について

「テロ等準備罪」こと「共謀罪」を「組織的犯罪処罰法」に新設する改正法案というのが正確な表現。

2人以上が犯罪を計画・「合意」、準備行為をした段階での犯罪成立、処罰を可能にする

「実行」されなくても処罰「まだ起きていない犯罪」を裁く法律で、これまでの刑法のルール(実行された犯罪を処罰する)に大きく反する。

例えば「今度の日曜日 、毛無山に落葉採りに行くべ。」「いいね。それならおれ明日山菜生えてるか下見に行ってくるわ」これで共謀罪が成立、処罰可能になる。

 

③本当に今、必要なものなのか

テロ対策立法はすでに完結しているので、もういらない。

国連国際組織犯罪防止条約の締結に、『共謀罪』の立法は全く不要。

  そもそもこの条約の目的はテロ対策ではない

  組織的詐欺や人身売買に対応する最低限の「予備罪」新設で足りる。

本当に有効なテロ対策は「テロ等準備罪」ではない。

過激派組織は、アメリカと共に武力を行使する国を敵とみなす。

平和憲法を全面に掲げ、武力行使をしない国であると内外に示すこと


④共謀罪ができることの弊害の方が甚大

警察の権限強化・濫用の懸念

市民監視の合法化  通信傍受(盗聴)メールLINEGPS(車の追跡)・防犯カメラ映像

判断するのは警察 

 誰でも「組織的犯罪集団」にされてしまう

「捜査上、一般の人を対象とした調査はありえる」

「正当な目的で活動する団体でも、変質して組織的犯罪集団となる場合がある」

 何でも「準備行為」にされてしまう

犯罪成立条件を警察がどんどん広げてしまう危険性 戦前の治安維持法の復活。

 

国民の内心の自由制限・萎縮を招く

「目立ったことをすれば監視される」と考えさせるだけで、萎縮効果は抜群。

共謀罪」が萎縮を生み、「異論」がなくなれば、時の権力は思い通りにできる。 


⑤今、声を挙げなければ、声さえあげられなくなる

デモや市民団体さえもが恣意的に「犯罪・テロ集団」として認定・摘発され、一般市民の思想や言論、自由が奪われる監視社会が到来しようとしている。


 以上です。
 こうやって駅前で政府のやろうとしていることに反対の演説をすることがいつまでできるのか心配になってしまう、そんな日が現実になってしまいました。10年後の日本はどうなっているのでしょう。 
 「将来起きることは過去の出来事を見れば判る。」と歴史の授業の意味について教わりました。治安維持法で小林多喜二が捕まり、拷問の末に獄死した暗い歴史を繰り返す訳にはいきません。

海・山・人 朝里川植樹祭20172017/05/08 21:39

 連休中の7日、朝里川の遊歩道に桜やアジサイを植えて環境整備をしていこうという例年のイベント「海・山・人 朝里川植樹祭2017」が開催されました。当日は風も強く、気温も上がらないあいにくの天候でしたが、朝里のまちづくりの会のメンバーを始め、朝里新光の町内会、高齢者クラブの皆さんが元気に参加され、桜(エゾヤマザクラ)の木15本を植樹しました。
     植樹祭 開祭式のようす。植樹の段取り等が説明されました。

今年の特徴はすでに片側に植樹された木の向かい側にも植えたことで将来は桜のトンネルになるように配置したことです。今すぐとはいきませんが20年後30年後が楽しみですし、それまでの長い期間しっかりと管理維持していく責任が生まれるということですね。

   浅利先生の指導の下、植樹作業を進めます。斜面に植える際の注意がきめ細やかに指摘されされます。

 今回は講師として松前町の桜守で高名な浅利政俊さん、浦河町桜並木「優駿さくらロード」や小樽後楽園の桜を樹木医として支える金田正弘さん東京荒川堤の五色桜を中心に活動中の青木太さん、地元新光在住の樹木医豊田栄さんをお迎えしました。
    着物姿の青木氏と会から送られた「桜守」の法被姿の浅利先生

 前日よりフィールドワークや懇親会を開催し、私も蕎麦を打って皆さんに食べてもらいました。
         懇親会で挨拶される浅利先生。

 また、まちづくりの会念願の桜見本園も新光南町会裏の遊歩道沿いに完成し、先生方にも見ていただきました。
 その桜の木の中に浅利先生が過去に新品種として創りだした「紅豊」が偶然入っており、浅利先生始め参加者が「これは偶然ではない。何かの因縁だね。」と感じ入りました。
            その品種『紅豊』です。花びらの色にグラデーションがある
           華やかな八重桜ですね。
             作業の後の『観桜会』。風が強くて大変でしたがおいしかった!

  桜の木は植えて終わりではありません。意外と桜は病害虫等に弱い樹木です。地域でそこに住む皆さんが長く育てていかなければ立派な並木にはならないのです。浅利先生始め今回ゲストできていただいた皆さんのような桜を愛する人を中心にこの朝里川遊歩道の朝倉並木を育てていかなければと思います。




小樽の文化系の話題 2件2017/04/29 14:15

小樽の文化系の話題 2件

①日本遺産認定 道内から江差、函館、松前

今朝の新聞報道で、文化庁が2017年度の「日本遺産」に23道府県の17件を認定し、その中に、これまで認定の亡かった北海道で江差町が地域型(単独自治体)で、函館市、松前町がシリアル型(複数自治体合同で)初めて認定されたそうです。43都道府県から計79件の申請があった中からですので、かなり厳しい門をくぐったことになります。小樽市も現在日本遺産認定をめざしてがんばっている最中ですから、うらやましいような、ちょっぴり悔しいような気分です。


 一方、現在、小樽市での話としては、今回認定された『北前船』について追加認定を受けることや、石炭や鉄道、鉄生産にからんだ「炭鉄港」について複数自治体で認定をめざすということがでていますが、私としてはこの方式(シリアル型)をめざすにしても小樽市が受け身ではなく、主体的に関わっていくことが大事ですし、同時に、やはり小樽市が最初に示した通り、まちづくりや市民の意識に訴えるという意義を考えるのであれば、やはり小樽市単独での認定もめざすべきと考えます。

 いずれにしても、2020年までというタイムリミットと、100件中54けんがすでに決定という数的リミットがある中ですが、手遅れにならないように、これから先行自治体の成功例をよく研究させてもらい、小樽市の認定の結びつける必要があります。


 

②小樽ゆかりの画家『大月源二』展始まる。

   オープニングで恒例テープカットの様子。


 市立小樽美術館で今日から特別展『大月源二 新たなリアリズムを求めて』が始まりました。私もオープニングに参加させてもらいました。

 息子さんの耕平氏。展示作品に耕平氏がモデルの絵もあります。


 来賓として大月源二の息子さん耕平氏や作品の研究をされている上野武治北大名誉教授がいらしていました。上野先生は大月画伯の代表作で今回展覧会のポスターにもなっている「走る男」の研究を続けてこられ、挨拶の中やその後の展覧会場でも解説くださいました。

 私にとって非常に興味深かったのは大月源二が戦前に小林多喜二と共に治安維持法で思想弾圧を受け、拘留服役しているという事実でした。代表作「走る男」はそうした過酷な経験の中から生まれた作品だそうです。上野先生のお話では作中の力強く腕を振って走る若者は獄中死した盟友小林多喜二をモデルにした鎮魂の意味が込められているとののことでした。

      玄関掲示のポスター『走る男』


 作中の大きなひまわりの葉が上向きなのは蓮の葉を表しているそうですし、奥に小さく見える塔は拘留されていた刑務所に実際にあった時計塔だと説明いただきました。

絵画の中で象徴や寓意表現がよくヨーロッパ絵画では使われますが、仮釈放中の大月源二ができうる限りの表現をなそうとしている苦闘の跡を感じました。

 折も折、現在国会では「共謀罪」の審議が始まっています。「テロ塔準備罪」というレッテルを貼ってごまかそうとしていますが、実質は大月源二や小林多喜二を弾圧獄死させた戦前の「治安維持法」と全く同じものです。時を同じくして「走る男」が小樽で展示されることになったのには理由があると勝手に私は決め込んで「共謀罪」成立に反対していこうと改めて思いました。 


 そうそう、そんな厳しい背景の絵ばかりではありません。古平大江村などの農村で働く人や冬の札幌駅、白菜やカボチャ、花を描いた小品など身近な作品もたくさんあります。戦後の後志小樽の一時代を感じることのできる展覧会でもあります。皆さん足を運んだいただければと、お誘いいたします。



地域での出来事2017/04/23 21:45

「朝里地区少年を守る会」定期総会 4月22日(土曜)
 日頃から朝里・新光地区の子どもたちの安全安心のために見守り活動を続けてこられている「朝里地区少年を守る会」の定期総会に今年もよお招きいただきました。

          中川会長のご挨拶。長年先頭に立ってご活躍中ですので 
          一言の 重みが違いますね。

 今年で第33回ということで、本当に長期間にわたって続けてこられているのには頭の下がる重いです。それもこれも中川会長が挨拶の中でおっしゃられていたとおり、「子どもが好きだから」との皆さんの思いに支えられてのことでしょう。 
 同じく、その挨拶の中で千葉県松戸市の事件にも触れられていましたが、あの容疑者の皮相な行いとは朝里の守る会活動は対極にあります。これからも自信を持って続けていたどきたいと感じました。

 昨年の活動報告や今年度の計画等が審議、承認され活動目標、内容が決定されました。啓発活動、防犯パレード、私も参加する「朝里リバーサイドフェス花火大会後のパトロール、夏休み冬休み中のパトロールが予定されています。

 また、総会の最後には参加されていた地区の豊倉小、朝里小、朝里中の管理職の先生方の紹介がありました。皆さん、守る会の皆さんへの日頃の活動への感謝を述べられていました。


 総会に続く懇親会では、みなさまの活躍で朝里の子どもたちの安全をこれからもよろしくお願いします、とお願いをしてまわると共に、地区町会の皆さんや先生がたと様々な情報交換をさせてもらいました。 

 これからもこの地区住民の皆さんと協力して子どもたちの安全・安心のために私も微力ながらがんばります。

                                        * * * * *

朝里町会 クリーン活動 4月23日(日曜)
 朝9時に朝里町会新事務所前に集合したのは町会メンバー40人ほど。
     朝里十字街の新事務所前で、青いゴミ袋を手に会長の話を聞きます。

伊藤会長の挨拶の後、各々大きなゴミ袋と火ばさみを手に
二手に分かれて、朝里地区をJR朝里駅まで道路のゴミを拾っていきました。

 私も風で飛ばされて壊れた傘やペットボトルを拾いつつ歩きました。意外と綺麗でしたが、これも沿道のおうちの皆さんが常日頃清掃等をされているからだろうと感心しました。

 最後にお茶をもらって終了です。晴れの午前中良い運動をさせてもらいました。

活動報告 27号 発行2017/04/12 13:58

 佐々木つかさ活動報告第27号を発行しました。よろしければご一読ください。
 今号は小樽市2017年度予算特集号です。わかりやすく書いたつもりですがどうでしょうか。また、通学路の除排雪についても気になった点をまとめました。