小樽市議会2017年第1回定例会を振り返って2017/03/27 13:46

 小樽市議会2017年第1回定例回が22日に閉会となりました。すこし遅くなりましたが、振り返ってまとめてみました。また、今後の議会や市政の見通し、課題もちょっとだけ。


1.市長の反省の弁により開会

 昨年第4回定例会が森井市長の不用意な発言により紛糾、結果としてほとんど議論がなされないまま、自然閉会となったことをうけて、今議会も開会できるのか不透明な状況でしたが、結果としては、市長から自身の答弁について「結果として誤解を与えた。大変ご迷惑をかけた。今後発言には、より慎重にする。」との実質的謝罪があったことや、今議会には市民生活に直結する新年度予算審議・議決という重要な案件もあることから議会側も議事を進めることを重視したことにより、5日間の延長はあったものの、全日程を終了しました。

 

2.2017年度一般会計予算案ほか60議案を原案通り可決。

 市長提案のほとんどの議案を予算特別委員会等での審議の上、可決しました。具体的には

・津波等の災害に備える防災行政無線の設置に向けた調査費をつける。

・新しい津波ハザードマップの作成。

・小中学校の机いすを3カ年計画で更新する。

などが私的にはポイントと思っています。

 なお、第7次小樽市総合計画(2019年度以降10年間の政策の基本となる最上位計画です。)の策定手続きなどを定める条例案については、大切なものにもかかわらず、まだ議論が不足との理由で継続審査としました。


JR朝里駅を上から。ここに防災無線を設置することで多くの住民に危険を知らせる。

  堺町一帯も浸水域 に。外国人観光客向けの避難誘導看板なども設置されましたが、どこにあるか発見できない!



3.市長に対し決議案可決

 市長に対しては「森井秀明市長に対し正確な議会答弁と適正な市政運営を求める決議案」を賛成多数で可決し、議会としての意志を示しました。


 決議の中で、指摘しているのは、

・高島漁港区には観光施設は建てられないことを条例等で定めているにもかかわらず市が観光船発着施設建設を許可した問題で、市長、市職員が不正確で曖昧な答弁を繰り返したこと。

・市長自らが市道の排雪現場に赴いて業者に作業内容を確認したことが、結果としてその作業を中止を招き、作業現場を混乱させたこと。(市長が直接現場作業員に指示をすることは法律上許されない。)

 等です。よって、市長には、より正確な答弁と、適正な市政運営の確立を求める内容となりました。


 私たち民進党としては、この決議案に賛成の立場で私が討論に立ちました。内容としては、

排雪作業に市長が直接関わった行動は不適切かつ、不適正であったことを指摘した上で『今議会では不正確、あいまい、かみ合わない、いたずらに長い答弁が目立ちましたし、その傾向が議会ごとに強くなるように感じます。私たち議員側の質問の質の向上ももちろんですが、市長にも、正確かつ適切、簡潔で的を射た答弁を求めるものです。

 また、自己弁護のために周りにいる市役所職員だけでなく、一民間事業者にまで責任転嫁することは許されません。市政の適正な運営はひとえにそのトップに立つ森井秀明市長の良心とそれに基づく公正な判断に依って立つものであると確信しています。どうかこの決議を真摯に受け止めていただくことを強く求めます。』というものでした。


 ひとまず、今議会はこれをもって閉会しました。しかし、予算案が通ったから一安心ということにはなりません。

 

4.前途多難!森井市政

 先にも書いたように市が高島漁港区で観光船の係留施設や飲食・物販施設等の設置を許可したことが、港湾法や条例に違反すると指摘する公益通報を受け、市のコンプライアンス委員会(山口均委員長)が調査を始めています。もし違反しているとなれば、市長の責任は重大です。


また、同じコンプラ委員会が違法の疑いがあると指摘した問題でもある、森井市長が市長就任直後の20156月に行った管理職の昇任人事について、地方公務員法違反に当たるとして、山田勝麿元小樽市長ら市民数名が、森井市長を同法違反容疑で札幌地検に告発し、告発状が昨年末に受理され捜査が始まっています。通常、地検は立件ができない事案の受理は行わないそうです。


これらの問題で結論が示されたときに、市長はもちろん市民のみなさんがどういった判断を示されるのでしょう。今後の小樽市の進路に大きな影響を及ぼします。私たち市議会議員はもちろん責任を持って対応していきます。どうか、みなさんも関心を持ってご注視いただくようお願いします。



文化遺産を生かしたまちづくりのためのワークショップNo.22017/03/11 20:21

 表記のワークショップに参加してきました。この催しは小樽市教育委員会主催で、小樽市が現在進めている文化財保護活用にむけた「小樽市歴史文化基本構想」の策定のとりくみの一環です。市民の声をその中に反映させるのがねらいです。ゆくゆくは小樽市が現在進めている日本遺産認定のためにもこの構想が重要な役割を果たしますし、まちの歴史的資産を市民が中心になって守り活用することで愛着や誇りを持つことで、まちづくりの核になるという視点もあるからです。単なる観光産業のひとつのコンテンツ、ネタにするということではないのですね。

 

 No.2とあるように、これまでにも先進例として福岡県太宰府市の先進例を紹介した講演会や小樽市の文化財、文化遺産といえば何がありますか、みなさんで発見しましょうというワークショップNo.1が開かれています。

 今回のテーマは「文化財をストーリーでとらえよう」ということだったと思います。ほんとのタイトルは〈「文化財群」という視点〉でしたが、群という空間的なとらえのお話より「ストーリー」という時間軸でのとらえだったように思います。

 

 最初に参加者全員による6年前の3.11東日本大震災で亡くなられた方々への黙祷。


 引き続き、基本構想策定委員会の委員長でもある札幌大学の川上淳教授のご講演がありました。


   川上先生の講義。具体的な御提言がありました。


ポイントや印象的な話を私的に整理すると、

  国の文化財保護法には「歴史上又は芸術上価値の高いもの、学術上価値の高い歴史資料」とあるが、これだけが大切じゃない。もっといろいろある!

  文化財に関わる要素には「文化財がおかれている環境、景観」「文化財を支える人々の活動」もはいる。

  文化財を歴史的・地域的に関連づけるのが「ストーリー」「物語性」。

  ストーリーを設定することでその地域固有の歴史、自然、文化をそこに住む人が自覚して広く伝え、魅力的なまちづくりに貢献できる。

  文化遺産は市民遺産。市民の思いを載せている。だから家にあるおじいさんのたばこ盆もひょっとして文化遺産。

  小樽の歴史文化ストーリーを考えよう。小樽の歴史の特徴は何か。どんな文化財があるか。形あるものばかりでないぞ。

  街並み・鉄道(労働運動なども含む)・港湾・運河(保存運動などの市民運動も全国的に知られている。)などをキーワードと組み合わせて小樽オリジナルのストーリーづくりを。

等々の話題提供や解説がありました。

 私も小樽の文化遺産は単なる観光コンテンツを増やすというのではなく、広く深く市民に支えられることによってまちづくりの要のひとつになっていくことが理想と思っているので、先生のお話は大変参考になりました。


 

 引き続きワークショップが行われ、「小樽の歴史文化ストーリーを作ろう」というテーマで参加者からの発言を募りながら進行されました。

 参加者のみなさんの意見をボードにまとめながらの進行


 いきなりストーリーといわれてもなかなかすぐにはでませんでしたが、前回に引き続いて「自分たちが思いつく小樽の文化遺産は何ですか。」という話題になりましたので、かねてから私が考えていた「小樽市に残る古い写真」のことを話させてもらいました。内容は

・市役所広聴広報課には昭和初期から広報小樽用にとりためた写真やネガが10万点以上、それ以外にも総合博物館、図書館、各家庭のアルバムにも残されていること。

・その写真に写る景観が今も街中に残る希有なまちであること。

・メインのコンテンツにはならないかもしれないが、様々なテーマをつなぐ、サポートする重要なキーになるのではないか

  写真技術の発達が小樽市の近代化の歴史に重なること。

などを話させてもらいましたが、幸い参加者の何人かの方にご賛同と8㎜映像なども入る等のご意見をいただくことができました。


 他のみなさんからも熱心なご提案があり、あっという間に時間が過ぎていきました。


 その後、ストーリー作りについて商大の高野先生からは運河について市民自らの手で守る、作る保存運動、さらにそこから派生する市民活動の歴史なども近現代につながるストーリーとなりうること、石川総合博物館館長からは近代の歴史だけでなく現代に続く話も新しいストーリーとして出てきたことが本日の成果。それからいえば商店街の変遷等も文化財になり得るか、などが提案されました。

 最後に川上先生のまとめとして、「みなさんの熱意関心の高さを感じた。その熱意で構想は進んでいく。今後様々なストーリーが出てくるだろうが、それぞれが(小樽という根っこで)実は結びついている。その結びつきのキーを見つけることで前へ進んでいくだろう。」とのお言葉をいただきました。 

 まさにそのオリジナルなキーを見つけることがこれからの市民のみなさんの知恵や発想力の結集にかかっていると感じたワークショップでした。



末永正子展2017/03/11 19:25

 3月11日。6年前の東日本大震災、福島第1原発事故に思いを致し、被害を受けたみなさまに改めて哀悼の意を表します。

 さて、本日、議会の際中ではありますが、土曜日ということで市立小樽美術館に「小樽・美術家の現在シリーズ 末永正子展」を観に行きました。
       小樽美術館玄関。最近は外国人観光客の姿も見られます。

   末永さんです。会場で来場者に丁寧に作品の解説をされていました。

 末永さんには私の大学時代の友人たちやお世話になっている画材店を通して紹介をいただいていましたが、この展覧会で作品を観せていただき、改めてその画業に向かう姿勢と作品のすばらしさに心を打たれました。
 
 私が感じたのは表現と色彩の瑞々しさです。きっと末永さんの感性がみずみずしいのでしょうね。黒とか無彩色を使いながらもその陰から除く淡い色彩が輝いて見えました。
 また、一見抽象的な表現の中に見える「景」と題された絵では小樽の風景がほのかに貌を現したりしています。その辺が観る側にも想像力を働く余地を与えてくれて楽しく鑑賞できるんです。

 大変僭越ですが、これだけの大作が一同に陳列されることで個人の絵画の成長の過程が美術史の歴史の変遷の再現をしているように感じられ、感銘を受けました。

 きっと具象から抽象へと進む過程を言葉ではなく、作品を通して直感的に感じることのできる、ある意味わかりやすくて楽しい展覧会です。是非子どもたちも鑑賞してほしいです。4月23日まで市立小樽美術館2階です。どうか足をお運びください。

北前船と小樽・後志 シンポジウム2017/03/04 20:14

 小樽商大グローカル戦略推進センター主催北海道北前船調査会共催で開かれた「北前船と小樽・後志〜歴史的価値と観光資源かを考える〜」と題したシンポジウムを拝聴させていただきました。

 今回は高野先生の企画だそうです。本当に精力的に動かれています

 以前開催された「北前船トーク」では土屋周三元小樽市総合博物館館長と高野宏康小樽商大グローカル戦略推進センター学術研究員のトークが大変おもしろかったものの時間が全然足りなくて不完全燃焼でしたので、今回はその続きを聴くことができて大満足でした。もっとも土屋先生はもっともっとお話しすることがありそうでしたが。
    土屋先生のお話。あふれる知識と熱意。

 北前船については以前も書きましたが、北海道的には江戸中期から明治までの日常生活の必需品の殆どを支えた重要な役割を果たしていた輸送手段であったとのことです。先生方のお話では、これまでの研究では本州視点で語られることが多く、改めて小樽後志から見たその役割の重要性を強調されていたようです。
 続いて、小樽にも支店がある北陸銀行と北前船、小樽との関わりについて、分厚い社史をご持参されて熱く語られた志摩洋一北陸銀行取締役のお話でした。

 森本さん。ヒストリーツアーという旅行コンテンツを展開する社長さんです。

そうした北前船を文化資源として捉えると観光資源としても活用できるのではと考え、実際に事業に生かしている例として北前船をモチーフとした小樽ブランドUNGA↑(うんがプラス)を立ち上げ様々な商品開発販売を展開する白鳥陽子さんや北前船や北海道の歴史文化を題材にツアー(ヒストリーツアー)を企画する旅行会社スリーエス代表取締役森本恵美さんのお話を伺いました。何れもオリジナリティーあふれ、小樽の文化歴史資産を活用という視点で非常に先進的な例として貴重な発表だったと思います。


 最後に提言者全員によるパネルディスカッションです。大津晶先生の司会により様々なお話がありました。
その中で、印象に残ったのは
・文化財というのは昔は保存が命だった。「触るな!離れて見てろ!」しかし今はいかにそれを活用するかになった。
・歴史文化は今まで50代以上の男性しか関心がなかった。しかしターゲットをあえて30台女性に設定。歴史的要素を「かわいい+α」にデザイン化していく。
・地域の独自性をウリにしていくためには地域の良さに気づく必要があるが地元の人はなかなか気づかない。客観的に観る目を持つのはは他所の人。地元の人その見つけたものを認める寛容性が大切。
・地方では昔のことを知る人、保存しているものがどんどん失われている。その前に発掘していく活動が急務である。
 等々のお話がありました。日本遺産認定をめざす小樽市として、大変示唆に富む話題が満載でした。

 寿都神社の絵馬が展示されていました。歴史文化資産として光を当てたのはとかの先生の功績ですね。

小樽市消防署オタモイ支所落成式2017/03/01 12:10

 代表質問2日目ですが、本日午前に小樽市消防署オタモイ支所の落成式が執り行われ、出席してきました。
  落成式の式次第表紙。 建物デザインが119なんです!

   テープカットの様子。私たちは車庫の中にいるので珍しい背面の図

 本日より稼働開始したこの支所は長橋出張所と塩谷出張所を統合して以前オタモイ学校給食調理場があった場所に新設されたものです。
       2階事務室 国庫に情報が集約されるのですね。

 管轄区域は旭町、長橋、幸、オタモイ、塩谷、桃内、忍路、蘭島。
 特徴としてタンク車2台ポンプ車1台、高規格救急車1台を配備し、24時間常時出動可能な体制になっているそうです。

     子供のころからのあこがれ消防車!
       16年配備の最新鋭高規格救急車です。
 内部は機能的に各種機械等が配置されています。携帯電話で医師と連絡を取りながら救急措置をするそうです。

 また、一番のアピールポイントは女性職員用の宿泊施設等を用意し、配置に備えたとのこと。女性の消防職員を置くことで広い市民ニーズにこたえられるようになるでしょうね。もっともまだ女性の採用はないとのことでしたが。早めの採用をお願いしたいところです。
    女性用仮眠室。風呂と洗面室なども独立して配置されています。

 また、装備や人員配置も充実したので、地域の方が心配されるような区域が広がることで時間がかかることになったりしないかという心配は十分にカバーできるそうです。
 市民の災害や火災からの安全をこれからもしっかりと守っていただけるようお願いします。