はざま新市長誕生!2018/08/27 15:57

迫俊哉(はざまとしや)新市長誕生!

 昨日8月26日の選挙により、小樽市に新市長が選出されました。私たち立憲民主党小樽も応援していた迫市長の誕生です。

 19日旧手宮線での第1声。 本多衆議、徳永参議も応援に


 選挙戦最終日。長崎屋前に多くの支持者が集まりました。


 森井前市長が、「正しいのは議会か、市長である私か」市民に問うとして自身が辞職をしてまで臨んだ無理矢理出直し選挙で墓穴を掘った形になりました。結局、森井氏の意図とは違い、議会が正しかったのかどうかではなく、3年半の森井市政にNOを突きつけるという選択を市民がしたことになりました。(鳴海氏、秋野氏への、およそ10000万票の中にも森井市政への批判票が多くあると考えます。)

 

当確後の勝利集会。支えてきたご家族、工藤後援会長ご苦労様でした!


 迫新市長には大きな期待があるのはもちろんですが、この選挙で明確になった様々な小樽市の課題、人口減少・財政危機・公共インフラの老朽化等々にいかに対応していくのかが問われることになります。しっかりと行政手腕を発揮していただきたいと思います。

 私たち市議会立憲・市民連合はこれまで再三述べてきたように2元代表制の下で市政をチェックしていくことに何ら違いはありません。それは市長が誰であれ同じ姿勢で臨むということです。選挙の時に応援していても、市政運営上、何かあれば当然指摘していくことになります。市民のみなさんからご心配いただいたような「市政のなれ合い、緩み」を生まないよう緊張感を持って議会の役割を果たすことを忘れません。

 

27日初登庁後、市職員への就任挨拶。緊張感の中にも仲間の所に戻ってきた、これから一緒に立て直そうという思いが伝わりました。


 とは言いつつ、正直これであのむちゃくちゃな答弁による議会ストップ等の心配が消え、運営が正常化されるだろうという希望的観測を持てる、これからはまっとうな政策議論に集中することが出来るということは少しホッとする気分です。



森井小樽市長 辞職表明2018/07/04 17:27

森井市長辞職表明! 議会で何も説明ないまま


取り急ぎ報告いたします。

森井秀明市長が74日突然辞職を表明しました。72日まで開かれていた小樽市議会第2回定例会では自分の進退については何も説明はありませんでした。

 辞職の理由は過去の議会からの辞職勧告によるとのことですが、今議会では辞職勧告も不信任決議も出されたわけではありません。お辞めになるならもっと以前に辞めるべきだったと思います。また、辞める理由も議会に辞めろと言われたからとかではなく、これまでの市政の混乱と失敗の責任をとって、というのがふさわしいと考えます。何でも他人のせいにするあの方の悪い癖ですね。

 言い分としては議会との対立が決定的で、どちらに果たして理があるのか改めて民意を問うということでしょう。(現時点ではまだ、立候補表明はないようですが)



 森井氏は2015年4月に初当選ですから、来年4月29日に任期満了を迎える予定でした。 しかし、この辞職により8月中にも市長選となり、森井氏が再出馬すれば、万が一当選しても、その任期は来年4月29日までとなります。つまり、1年間に2回の選挙を市民に求めることを森井氏が選ぶことになります。

 前回2015年市長及び市議会議員選挙費は7250万円。市長選だけでもおそらく5000万円はかかるでしょう。この支出を市民のみなさんは認められるでしょうか。市財政部が「小樽市財政は悪くなっている。」と認める中にもかかわらずです。

 森井氏が来年4月の統一地方選まで待てない理由は単に「今ならまだ予想される対立候補に勝てる」という全く身勝手な理屈です。決して議会から過去に何度も「辞めろ」と言われたからではありません。それなら私たちは「市長の資質も識見もない」とも言っているのですから、そちらも素直に聞き入れて再立候補しないのが道理でしょう。


 いずれにせよ、辞職は森井氏の勝手です。現時点で立候補を表明している方もいるので、市長選挙となるでしょう。市民のみなさんがどなたを小樽市長に選ぶか、私と私たちの会派「立憲・市民連合」はその選択のための情報を市民のみなさんに提示していきたいと思います。


*追記

 今、ニュースを見たら森井氏はしっかりと再選を目指すと言ってました。立候補表明ですね。税金5000万円をかけて民意を問われる市民もたまったものではありません。

 森井氏は記者会見の中で

議会運営を人質に取り、議会側の都合に合わせて会期が延長されたにも拘わらず、自分のせいにされ、いじめられた

と述べているようですが、全く現状認識に誤りがあります。森井氏が市長に就任以来、議事が進まず自然閉会になったとき以外の全てで会期延長になっているのは大半が森井氏の市長としての答弁・発言の誤りを議会に指摘され誠実に対応しなかった事が原因です。

 市長や市政の誤りを曖昧にしたまま議会を進めることは市民生活に甚大な影響を与えるため、できることではありません。それが権力の暴走を監視するという地方自治の中で言われる2元代表制の役目です。いくらそのことを森井氏に忠告しても「自分にだけ民意がある」という主張を変えることはありませんでした。 
 議会の指摘を「自分のせいにされた。僕ばっかりいじめられた。」とは呆れます。どこまでもお子チャマですね。
 
 ただ、それで済まないのはこの辞職で森井氏がこの3年半で行ってきた数々の失政、疑惑、錯誤、判断ミスの大半についてきちんと責任をとっていないことです。中には「全責任は私にある。」と言いつつ責任放棄したままのことをはじめ「(私の記憶に)何らかの錯誤があった。」と自らの非を認めているのに事実と違う内容のまま放置されている市公式HPなど   枚挙にいとまがありません。
  前議会で、高島漁港区での森井氏後援会幹部が経営する観光船事業への違法な許可手続きなどの責任をとる形で提出された市長の減給条例を議会は否決しました。それは森井氏が「責任をとらなくて良い」としたわけではありません。しでかしたことの責任は給料の1ヶ月半分ではとても見合わない。 と言っていたのです。
 この辞職は単に議会にいじめられたからやめる、ではありません。森井氏にとって全責任放棄。数々の失敗リセット。まさに逃げ得なのです。


桜町中学校3年生見学旅行発表会2018/05/31 22:22

 桜町中学校3年生が2泊3日の見学旅行中、仙台で少人数グループに分かれて自主研修活動を行いました。今日はその自習研修まとめ発表会にゲストとして招かれました。


 3クラス17グループの発表です。1グループ5分程度の中でパワーポイントを的確に使って発表していました。


 食文化に発表です。聞いているみなさんの態度も立派です。


 内容は歴史、まちづくり、教育・スポーツ、史跡・歴史的建造物、食文化、イベントについて自分たちが選んだテーマでコースを決め、アポを取り、実際に現地に赴き、人と会い、質問等をして、それを帰校後まとめたものです。

 特徴的なのはただ見てきただけではなく、そこから小樽市と仙台市を比較検討し、「小樽活性化プラン」を作っている点です。先生方の支援が大変有効に働いていることをわかります。

 そして何より若い感性が人口や歴史文化が異なる地域に実際に触れることにより、何をつかんできたのか大変興味深く聞かせてもらいました。


 伊達政宗公の生い立ちや青葉城の歴史を発表。 

 

 各グループが仙台市内で伊達政宗はじめ小樽や北海道にない歴史文化に触れてきたことや牛タンや笹かまぼこずんだ餅に舌鼓を打ってきた様子、七夕等の行事について学んだ様子が何よりも楽しげに発表されていました。見に来た保護者のみなさんもほほえましく見ていました。

  20人近くの保護者のみなさんが見学です。


 中には市役所を訪れまちづくりについて話を聞いてきたグループ、サッカーJ1のベガルタ仙台や高校野球で有名な仙台育英学園を直接訪ねスポーツをとおした街の活性化を探ってきたグループなど、私たち市議会議員の視察顔負けの発表もあって驚かされました。アポも自分たちでとったのでしょう。その行動力にも感心します。



 さて、結果として様々な小樽市への提案がされていました。まとめてみますと、

  歴史文化を活かすために

  それらに触れるための場所や機会を増やすこと。もっと宣伝を

  今ある歴史資産を大事にすること。自分たちで清掃等環境を整えよう。

  観光ガイドツアーの企画、まつりや初詣を活性化して観光資源に

  潮まつり来場者数倍増計画 潮マップの作成、子ども御輿、オルゴールコンテストで

  まちづくりについて

  人口増のために若い人が楽しく、働く場所の確保を。

 婚活イベント 運河に娯楽施設を かま栄の工場大きくして

スポーツをとおして自由に無料で交流できる場を創る

  イベントの企画

食のイベント、フードコンベンションなど

高齢者向けに運河で「おたる健康ウォーキング」

  特徴ある食文化を活かして、また、名物を増やす努力を

  まちづくり、まちの機能について機能集約型都市の発想を

 公園などのペンキ塗りを子どもたちと一緒に

まちなかの空間利用に工夫を

等々、書ききれないほどの提案がありました。


   小樽市の現状の把握等もしっかりしていて具体的提案がありました。

 

 本当に若い世代の発想には驚かせられます。私にも最後に感想を求められましたので、そのことを述べさせてもらった上で、これからもいろいろな機会に社会について考え、提案し、行動していってほしいこと。私も議員として、今日提案のあったことをこれからの議会や市政の中で活かしていくことを述べさせてもらいました。

 久しぶりに刺激的な時間でした。



小樽なえぼ公園 春の自然観察会2018/05/26 20:05

 

 今日の午前中、長橋なえぼ公園、森の自然館が開いた「春の自然観察会第2回」に参加してきました。

  幸と長橋の間にある、なえぼ公園の森の自然館


 以前から、なえぼ公園を流れるふたつめ川に流れ込む小樽市の排雪雪たい積場の雪解け水の自然への影響について議会で取り上げていますので、状況を観察する意味合いもあっての参加でした。

 小学校の運動会開催日ということもあり、どれほどの参加者があるのかとちょっと心配していましたが、定員20人のところに28人の参加ということで、市民のみなさんの関心の高さがうかがわれました。

 

  ガイダンスの様子。1回目の先週は悪天候で10人前後の参加者だったようですが、今回は定員オーバーの盛況です。



 観察に出る前にまず、指導員の山本さんより館内でガイダンスがありました。もうそこから私のような素人には目から鱗のお話の連続で、大変興味深く、期待が高まりました。

・シナの木につくハムグリハバチの幼虫は3年おきに大量発生する。

・群生して咲く花が中国のコンロン山脈のように見えるコンロン草

・ウルシには山ウルシと蔦ウルシがあり、どちらも触るとかぶれるので要注意!

等々の説明です。

 

 水芭蕉の葉が大きく茂る下にわさびの一種が生えてきています。


 さて、いよいよ出発です。途中でとまりとまりながら山本さんの説明が入ります。大人数が山道に1列に伸びているので、なかなか聞き取れない部分もありましたが、私一人なら何気なく見過ごしてしまう花々や草木にもほんとうに興味深く説明くださる姿勢に感銘を受けました。

 木の名前もいろいろとお教えいただきましたが、とても覚えられません。(トホホ)


       ウワミズザクラというそうです。


 町中の公園とは思えないうっそうたる森林です。

  自然の不思議さか。きらりと光る星模様!アズキナシという木だそうです。この辺の木にしか出ていない模様でした。


 コースはなえぼの森の中およそ1100メートルのアップダウンでしたが、1時間半かけて後半は時間が押してしまうほど熱心に観察を続けました。改めてなえぼ公園の自然の大切さを再認識できた良い機会となりました。



妙見市場での「種子法廃止を考える学習会」2018/04/28 20:27

 赤井川村の主婦ミリケン恵子さんが主催する学習会に参加して先頃廃止された法律「種子法」について学んできました。それともうひとつの目的は私が日頃から気にかけている妙見市場の活用例を見せていただくためでした。

 ミリケン恵子さんは東京から赤井川村に移住してこられた方で、泊原発問題等の市民運動を続けておられます。私もミリケンさんが妙見市場で開く野菜や自然食品の店を訪れた事が何度かありました。活発に活動されているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。


 ミリケンさんの前振りのお話。この度、種子法と農業に関する本を共同執筆されたそうです。


 この学習会もずっと続けている内のひとつだそうですが、今回は道新4月26日の記事にもなりましたので、20人ほどが集まりスペースが一杯になりました。

 内容はドキュメンタリー映画『種子ーみんなのものそれとも企業の所有物?』の鑑賞、続いて、日本農業新聞記者の安川誠二氏の解説がありました。

 

 映画はラテンアメリカのエクアドル、ブラジルなどラテンアメリカの国々で種子(たね)が多 国籍企業に独占されようとする状況とそれに対して1万年かけて育ててきた種子を守ろうと奮闘する農民の姿を描いたものです。ラテンアメリカと日本では農民を取り巻く状況は大きく異なりますが、種子が奪われようとしている状況には共通の構造があります。


 安川記者からは以下のようなお話がありました。

 日本においてはこれまで米や大豆など主食である主な穀類の種を守り品種改良を国の責任においてやってきた根拠となる種子法が制定されたのは1952年。

 その国民の食生活を支えてきた大事な法律が「農業の自由化を阻害している、民間企業の参入障壁になっている」として昨年4月森友加計問題で揺れる国会でそおっとこの種子法廃止を提案、成立させてしまいました。(私が当時所属していた民進党はじめ共産党など野党は反対をしましたが。)


 種子法廃止で、

  公的資金の支えがなくなる。利益優先の民間、多国籍企業が種子を作る。

  民間企業の種子の値段は上がる。

  種子品種の多様性が失われる。作業効率の良い品種ばかりになるから。現在300種ある各地の米には消えるものが現れる。地球環境のため生物多様性を求める世界の趨勢に反する。

  民間、多国籍企業による種の私物化が進む。
農業への大企業の管理が強化されるシステムは国の食糧政策が大企業に左右されることになる。

 

映画ではタネがコミュニティ、文化の中心であること。そのタネを守る事は「自立する権利」を守ること、と言っていました。その観点から見ると私たちの国や、日本の農業基地である地元北海道は大丈夫でしょうか。

 

 情報によると北海道は、主要農作物種子法の廃止を受け、道独自の新たなルール作りに乗り出す。2018年度は、同法に代わる要綱などを作り、現行の体制を維持しながら、19年度以降にルールを作る方向、とのことですが、どうも髙橋道政は独自の条例等を作ることには消極的なようです。

 

 一方、国においては立憲民主、希望の党など野党6党が今月19日、今年度から廃止された主要農作物種子法(種子法)を復活させる法案を衆院に提出しました。米、麦、大豆の優良種子の安定供給を都道府県に義務付けてきた廃止前の内容を骨格としているそうです。「現場では都道府県による種子生産が後退するとの不安が大きい」とし、法案をまとめたそうです。


 全国の地方議会においては、都道府県による安価な種子の安定供給が後退しかねないといった不安から、意見書を採択する動きが相次いでいるそうです。内容は都道府県が従来通り種子供給が行えるよう財源を確保することや、企業による種子開発の独占を招かないよう求める意見や、種子法に代わる立法の検討を訴えているようです。

 小樽市議会においても今後の動きに注意していきたいと思います。


 ちょっと前の写真ですいません。妙見市場のノスタルジックな建物


 また、妙見市場の活性化にもこのような人が集まるイベントは貢献するのではないでしょうか。今月21日にはミリケンさんはじめ市場のみなさんが協力して「妙見シビックマーケット」も開かれたそうです。私もこの日、魚屋さんや復活した総菜屋さんで買い物をして帰りました。