石狩湾新港LNG火力発電所建設現場視察2017/07/18 22:50

  小樽市議会で北海道電力が建設中の石狩湾新港LNG火力発電所の視察に行ってまいりました。


 場所は図のように銭函地区の石狩湾新港工業団地の一番石狩市側になります。発電施設が小樽市、中央水路をまたいでLNGガスタンクが石狩市にあります。
 最初に事務所で概要の説明。なぜLNG(液化天然)ガスによる発電所が必要なのか。それは道内の火力発電所が老朽化しているから。自然災害に備えて電源をを分散化するため等だそうです。
 

 また、発電システムとしてLNGコンバインドサイクル発電という効率的に電気を生み出すシステムの利点も説明いただきました。二酸化炭素発生量も少なく環境特性にも優れているそうです。
 
 早速外に出て現場を見せてもらいます。発電所は完成時は3号機体制になるそうですが、現在はまず1号機営業運転開始2019年2月を目指し工事が進んでいます。




LNGガスを燃焼させるガスタービンとその排熱で蒸気を作って蒸気タービンをまわす2段階の発電システムで効率的にエネルギーを取り出すその設備を置く事になる建屋とその内部です。右に見えるのは高さ70メートルの煙突です。

屋上からは小樽方面、タンクのある石狩市側が見えます。下は中央水路です。タンクからこの発電所までは地下パイプで結びガスを送ります。





続いて石狩市側に建設中のガスタンクにやってきました。建設中なので内部に入ることができます。直径90メートル、高さ60メートルの巨大な円形空間です。野球ができる空間に将来はマイナス194度の液化された液化された天然ガスが貯蔵されることになります。


 社員の方には懇切丁寧な案内をしていただきました。その上で申し訳ないのですが、多様な電源が必要との説明もありましたが、これだけあれば、もう泊の原子力発電所はいりませんね。電力は今でも何の不足もないのですから。ここが完成すると泊原発1,2号機文に匹敵するそうです。是非エネルギー供給基地として安全に北海道を支えて頂きたいと思います。



市民と語る会 開催2017/07/11 22:12

 小樽市議会主催の「市民と語る会」が今年も開かれました。
 とかく「市議会って何してるの?全然見えないわ。」と言われることが多いのを反省し、「開かれた議会」、議会では何をしているのかを市民の皆さんに積極的に説明していこう、という活動の一環として数年前より実施しているものです。
 開始当初は議会での話の内容を議員側から説明することに重点が置かれすぎ、時間がかかってしまい、肝心の市民の皆さんの市政に対する思いや質問要望を語っていただく時間が取れないこともしばしばでした。そこで議会としても年々改良を重ね、今年は議会側からはテーマを「地域公共交通」「ふれあいパス」に絞った説明とし、残る時間はフリーに様々なご意見を頂くパターンで開催しました。
 また、実施場所も同時に2か所として、議員側も二手に分かれて会に臨んでみました。今回の実施会場は長橋地区の長和会館と松ヶ枝地区は松ヶ枝会館です。私は松ヶ枝会館の担当でした。
                            松ヶ枝会館入り口です。


 残念ながら市民の出席者は10人ほどでしたが、熱心な話し合いが行われました。
             前に並んで質問に答える面々。左から2人目が私

 主な内容ですが、
①「地域公共交通」特に中央バスの地域交通に果たしてきた役割と現状課題、さらに市長との関係について説明されました。市民にとって公共交通の維持は重要な問題なので、今後議会でも主要なテーマ等して注視していくことを示しました。
   地域公共交通について議会議論の経緯を説明する自民党酒井議員

②「ふれあいパスについて」高齢者の交通補助手段としての小樽市の助成制度「ふれあいパス」についてのこれまでの経緯とこの制度を維持していくために今後考えなくてはならないこと、議会として市民の声を反映させていくことなどを説明しました。
③市民の皆さんからの質問・ご意見をいただくタイム
・税金の滞納の話
・除雪について、当初予算に計上しないのは赤字隠しではないのか
・市内の公共トイレの更新の進行具合やニトリからの寄付金の使い方について
・市の政策立案プロセスについて、市民に伝わるよう説明していくべき。特に議会が提案して進んでいる施策もあるのだから、市民に積極的に見えるようにしてはどうか。
等についてです。


  参加者が少なかったのは残念ですが、今後の市政に少なからず影響を与えるテーマや指摘も多く、有意義な会だったと思います。参加者増のための周知方法や、議員側の段取り、進行も今後に向けて改善していき、秋にもまた開催することになると思いますので、是非ご参加をお願いいたします。

活動報告 28号2017/07/06 15:54

 活動報告28号を発行しました。ご覧ください。
今回は先日閉会した第2回定例会での私の代表質問を中心にまとめました。
 森井市長が示した、中央バスのこれまでの小樽市への地域貢献に対する無理解な言動が大きな波紋を広げそうです。



 
つかさのおすすめコーナー では 舘浦あざらしさんの本を紹介しました。 HBCラジオ朝の「朝刊さくらい」毎週火曜日に出演中のあざらしさんです。辛口温泉情報誌「北海道いい旅研究室」でも知られていますね。

小樽市民会議1002017/06/24 20:18

小樽市民会議100  2回開催

 

 小樽市が次の総合計画を策定するために広く市民の意見を反映しようと、開催されている標記の会議が24日に第2回目が行われました。

 議会開会中ですが、市の企画政策室が催したとりくみを見せてもらいに行ってきました。

 100というのは市民100人が集まってという事だそうですが、残念ながら当日は悪天候ということもあり、60人程の参加でした。


                                     まずはガイダンスから。


  1回目は『小樽のいいところわるいところ』という事で集まった90人近くの皆さんに意見を出してもらい、今回はそれを受けて小樽の未来像をイメージしようと『10年後、こんな「おたる」にしたい』というテーマで、少人数グループによるワークショップ形式の話し合いをしています。


  まずは折り紙を使ったウォーミングアップから


 前回の振り返りの後、2時間に渡って熱心に話し合いが続きました。各テーブル毎に市企画政策室職員が進行役を務め、生涯学習、産業振興、市民福祉、生活基盤、環境保全の5つのテーマに沿って、こんな小樽にしたいというイメージを出し合います。


    早速話し合いが始まりました。


 その後、そのイメージをまとめキャッチフレーズを考えるという流れです。時間のかかる作業でしたが、皆さんに本当に真剣に取り組んでおられました。以下、主なご意見です。


生涯学習

歴史的建造物を活用し学びながら人が集まる場所がある

交通の便がいいところにスポーツ施設がある

札幌小樽間にサイクリングロードを、など


生活基盤

市内バス路線の充実、アクセスの改善等(多数あり)

空き家問題解決する。

雪と坂でも安心して暮らせる町になっている。

環境保全

公園が充実している。街中散策や駐車場設置、など

      

産業振興

豊かな景色をPR

起業家を育て雇用を増やしている。

商店街が活性化している。

小樽港が活性化している。

多種の宿泊施設がたくさんある。

中央バスと良好な関係にある。など


市民福祉

ボランティアのつながりが活かせるまち

産み育てる環境が充実。

各市民団体交流の場、エルプラザのような施設がある。

高齢者介護施設が充実している。など

 出た意見を付箋に記録し、みんなで分類していきます。


 私が勝手にセレクトしたものですが、これ以外にもたくさん貴重な意見が出ていました。これらが次回以降に生かされた形でまとめられていくことでしょう。市側はしっかりと受け止める必要があります。特に市内公共交通については切実な思いを持っていることがはっきりとしました。森井市長、中央バスと喧嘩している場合ではありませんよ。


 さらに極私的な「いいね!」は若い男性の方(たぶん建築関係を学ばれている学生さんと思われる)が発言されていた「花園公園裏の旧坂牛邸は世界的建築家フランク・ロイド・ライト氏の弟子、田上義也氏が設計した代表的家屋。これを生かせるまちづくりが進むこと。」という小樽の未来像です。田上氏を尊敬している様子が伝わり、また、歴史的建造物の大切さをただのノスタルジーでとらえるだけでない価値を把握されている若い人がいることに嬉しく思った次第です。

 


  参加者の構成は男性高齢者が多いようでしたが、女性も赤ちゃんを連れた方や高校生もいらっしゃいましたし、数は少ないですが若い方も見られました。各世代や幅広い職種の方の参加が小樽の多様性を反映することになるので、3回目以降、一層の市民参加が望まれますね。

 

 初めてお会いした同士でしょうが、すぐに打ち解けあって議論が活発になりました。さすが小樽をなんとかしたいという思いを持って集まったみなさんです。



市議会開会中 代表質問始まる2017/06/12 11:15

172定が始まり、今日・明日は代表質問です。  民進党では私が明日13日火曜日13時より民進党を代表して質問します。

質問概要について紹介させていただきます。

特に今回のポイントは「中央バスとの関係」についてです。小樽の公共交通を支える中央バスとの関係、特に森井市長と牧野中央バス社長との関係が悪化しているようです。本当にこのままで市民の足を守れるのか、不安な思いで質問をします。

 

1.市長の政治姿勢について

私たち議員も森井秀明市長も任期の折り返し点を迎えました。

これを機に森井市政2年間の自他による評価を行い、市民に示すべきと考え、何点かに渡ってお聞きします。

(1)まず、港湾・経済施策について伺います。 

・国際旅客船ターミナル新設等について、市長の意向はどういうものかはっきりと今、示すべき。

・任期後半に向けて市民が持続的にこのまちに住み続ける基盤を支える経済・産業・観光・港湾にも視野を広げ、バランスのとれた施策の展開を求めます。

(2)次に泊原発再稼働問題について

市長の北電泊原子力発電所再稼働に対する基本的考え方については賛成

ただ、市長の思いで小樽市だけが他自治体から突出先鋭化しては大きな気運にはなり得ない。

・国や道、北電に対して、札幌市など思いを同じくする自治体と連携した取り組みを進めるべき

・万が一に備えて安定ヨウ素剤の各戸への事前配布、市民の市外へ退避計画など、具体策を市原子力防災計画に反映するなどをさらに検討、実施すべき

  小樽での原子力防災訓練の様子

(3)市役所人事に関わって

これまで議会において、森井市長の恣意的で、違法性が疑われる人事によって市職員のモチベーションが下がっていることを再三指摘されている。

・市長は実態が本当に市長が求める環境になっているのか把握されてるのか。

(4)2016129日の市長記者会見記録について、

市長の「錯誤」が原因で、事実と違うことが公式の記録として市のホームページに掲載されたままとなっているこの状況の責任は、市長にある。この機に抜本的な解決を強く望みます。

(5)続けて、市長の二元代表制の認識と議会対応について

・市長の考える「分立の主旨」とは何か。

・市長のこれまでの言動をふまえると、市長のご都合主義で、分立の主旨を逸脱しているのではないか。

市長がだれであっても議会は客観的視点でチェック・監視機能を果たすのが「本来の議会機能」・「二元代表制」の本旨。それぞれの役割を理解し、機能させていく事が両者の改善につながるのではないか。

 

2.日本遺産認定を目指して

 日本遺産認定の拠点施設として改修をする旧日本郵船

今年度の日本遺産の認定が発表されました。その中に、これまで1カ所もなかった北海道から、地域型として江差町、シリアル型として「北前船」をテーマとして函館市と松前町が認定されました。さあ、いよいよ次は小樽の番です。

(1) 認定結果の分析について

(2)日本遺産認定の戦略について

・地域型(小樽市単独型)の今後の展開について

・シリアル型(複数の自治体と共同提案型)の「北前船」「炭鉄港」について

本市でも他地域に勝るとも劣らぬ歴史的遺産とそれを支える市民 意識を持っているのですから、シリアル型だけとか地域型で精いっぱいというような、二者択一ではなく、地域型とシリアル型を含めた複合的で積極的な認定戦略が必要ではないでしょうか。ここまで進んでいる認定の動きを総合的にとらえ、市の日本遺産認定とそれを弾みとしたまちづくりの戦略性、計画性についてお答えください。

3.長橋なえぼ公園について

小樽市民のみなさんもよくご存じの長橋なえぼ公園は「自然生態観察公園」として整備されました。

ところが現在、その中を流れる二ツ目川には、以前は普通に見られていたザリガニ、カワニナ、トンボの幼虫であるヤゴなどの生き物が全く見られなくなっているとのことです。

   4月の二つ目川の様子。茶色い濁流です。

 原因は二ツ目川上流に開設された市の雪たい積場からの雪解け排水が、また、その向かい側の土地で林を切り開いて設置された太陽光発電施設からの降水時の泥水が二ツ目川に流入していることではないかと関係者は考えています。

 上は雪堆積場の残雪です。黒い泥のような物が雪の上に残っています。下は工事中の太陽光発電施設です。11月までに緑回復の種をまくそうですが現在は地肌が露出しています。

 

 これでは子どもたちの貴重な自然観察の場が形骸化してしまっています。また、その川水で遊ぶことに健康被害等はないのかも心配です。きちんとした環境保護対策が必要。ましてやその原因の一端が市の責任にあるとすれば、早急な回復措置が必要ではないか。

 

4.中央バスとの関係について 

市民の移動手段確保は市の重要な責任です。ところが中央バスは小樽市内路線では数年前から赤字が続く中で営業を続けています。このままでは、現状維持が難しくなっています。

当然、市の公共交通政策には中央バスとの連携が不可欠なのは明白。しかし、お聞きしたところでは、両者間に相当な認識のズレがあり、中央バス側は市長の公共交通に対する考え方に不信感も持たれたようで、必ずしも関係が良好とはいえなくなっているようです。

なぜそんなことになったのか。そんなことで市内の交通体系が本当に維持できるのか。今後の方策について質問します。

 

5.町内会について

市内各町内会の実態は様々な課題を抱えて、なかなか主体性・自立性を発揮することが困難にあるところがほとんどではないでしょうか。

具体的課題として

・加入会員の減少・役員のなり手不足があります。

そこで、市は必要な支援を行う必要がありますが、

・市が町内会の活動支援のために現在行っていることはなんですか。

・他の自治体では委任・依頼業務が過重、多岐にわたり、結果として役員の引き受け手がいない原因のひとつ。もし本市においても同様事実があるとしたらそれらについての精選等が必要ではないか。

よく言われるのは「まず自助、次共助、どうしてもダメなら公助」。しかし、現在の縮小高齢化社会の中では、まず公助がしっかりと備えることが必要です。そうでないと小さな町内会は立ち向かえません。町内会の役割についての市の認識に見合った事業の展開をお願いします。

なお、具体的課題は予算特別委員会で質問する予定です。

 

以上です。よろしければ、議会傍聴、または市のHPからユーチューブの動画で見る事ができます。ご覧ください。