新型コロナウィルス感染症について2020/04/28 10:00

このような折で、なかなかご挨拶に伺うこともはばかられ、お会いできないでいるみなさま、このブログを読んでいただいているみなさま、変わらずお元気でいらっしゃることと思います。きょうはこの場をお借りして、ご無沙汰のご挨拶と新型コロナ関連の市議会及びわたくしの近々の活動の様子を報告させていただきます。

 

これを書いているのが4月28日のことですので、発行までのタイムラグはお許しください。みなさま本当にご心配のことと思いますし、特に高齢者の方は命に関わることですので不安も大きいでしょう。私も身近なところで感染された方がでるなどして全く他人事ではない切迫感を感じたところです。ちょうど本日「おたる潮まつり」の開催中止のお知らせが事務局から届きました。市民が楽しみにしているイベントの中止は心が沈みますし、経済界への今まで以上の悪影響も予想されます。

そのような中、新型コロナウィルス感染症対策については、国の対応にも様々な不満や不信はあるものの、私たちの立憲民主党小樽・市議会会派としては、まずは小樽市民の安全安心の観点から市ができることについていち早く対応するように求めているところです。先の小樽市議会第1回定例会では、私や立憲市民連合会派からいち早い学校でのマスク不足への手配等や保健所でのPCR検査体制の確立について要望しました。


また、427日には立憲民主党小樽支部として迫市長、林教育長に要請行動を行いました。川澄代表はこの間、市内企業や事業所を回り聞き取りをしてきたことをまとめて報告しています。なお、川澄宗之介代表ほか2名に絞った関係上、私は同席しませんでしたが、以下のような要請文の中に考えを反映してもらっています。


     川澄代表より迫市長に要請文を手渡しました。


1.        市民生活について    

広報誌 および各種メディア等を最大限活用し、コロナウィルスに対する正確な情報提供に努めること

2.         教育•子育てについて

市内各学校においてマスク及び消毒用アルコールの在庫状況を確認し、必要数の確保に努めること

生活面や保育面など子育てに関わる全般的な相談 窓口の開設や支援に関する制度を検討すること

3.         事業者への対応について

•家賃補助を含め、引き続き観光関連事業者および飲食店経営者等、市内事業者の実態把握 に努めることや対象施設の拡充を含め必要な追加支援策について検討するこ と

4.         その他

•コロナ対策への財源確保の為、現在予算計上されている事業を精査すること。また国や北海道、関係省庁へ支援について強く求めていくこと

効果的な政策に取り組むため、関係する方々からのヒアリングの仕組みを確立し、実態把握や情報収集を徹底すること

 (要請文より抜粋)


  迫市長、林教育長からは「思いは私たちも同じ。出口の見えない中での長期戦だが、油断や中途半端はできない。限られた市の財源だが、予算を精査して組み換えも視野に対策に優先順位を考えて使っていく。

命に直接かかわる病院関係では市立病院において感染患者対応の病床増予定。(現在16床、21床まで増床予定)医療従事者の過酷な状況把握(防護服やマスクの不足など)についてなんとかしなければ、非常事態との認識で対応していく。

また、経済対策については飲食店の家賃補助が当面だが、国の臨時対策交付金等を活用し、対象業種を広め、第23弾の対策を打っていく。

教育子育て関係で教育長からは、学校で必要しているマスクや消毒液、検温計の現状について、保護者他の協力をいただいているが、学校再開後については厳しい状況。教職員の対応についてお答えいただきました。

他の対策についてもスピード感だけでなくだけでなく、各現場のニーズ把握のためヒアリングを大事にしていきたい。等々の意見交換をしました。


今後も先の見えない中、さまざまな対応を粘り強く続けていく努力、忍耐が必要となるでしょうが、日常の中でできること、やるべきことをこつこつとやっていくことが大事なのでしょう。

子供も大人も家に居続けることでストレスがたまり、家庭でのDVも増えているそうです。こういう時こそ、経験豊かなベテランのみなさんからのアドバイスや知恵が生きてくると思います。厳しい状況の中ですが、ぜひ何らかの形でお力をお貸しいただければとお願いします。

では、みなさまのご健康を祈りつつ、市議会議員佐々木つかさの活動報告とお願いとさせていただきます。

 




活動報告39号発行2020/03/27 17:07

 活動報告第39号を発行しました。
今号は2020年第1回定例会にかかった新年度予算の審議がメインとなるはずでしたが、新型コロナウイルス対応が同時に進んだためどしてもそちらに時間が取られました。
 その他、公共施設の再編計画も示され、市民の意向も取り入れた大きな再編の流れが決まりました。詳しくは下の報告をお読みいただければと思います。

みなさん、どうかお体大切にしてお過ごし下さいませ。




議会報告④ 新型コロナウイルス対策について2020/03/16 10:31

現在も続く新型コロナウイルス感染症の全国的蔓延が深刻化し、その対策に急を要する事態となっています。これまでの動きを時系列でまとめてみました。


 新型コロナウイルス対応に関わる主な動き・時系列


 特に安倍首相の「科学的根拠に基づかない」「場当たり的」「唐突な」対応で二転三転する事態に市も私たち市民も振り回されているのが実情ですが、今はとにかく市民、とりわけ高齢者や基礎疾患のある方や子どもの安全を第一に、感染防止、市内経済、子どもいる家庭への様々な影響などに対応していく必要があります。


 市は私の質問に「市長がそのリーダーシップのもと国・北海道と連携しながら的確に、スピード感を持って課題の解決に取り組み 市としての責任を果たしてまいりたい。」との答弁でした。議会としてもサポートしていきます。


収束の見通しがたたない中、不安感が広がっていますが、私たちはデマや不正確な情報に惑わされず、冷静に協力し合ってこの危機を乗り切りましょう。

 

 

この問題に関わる私の質問と答弁です。

質問市内小中学校の避難所備品の中にマスクが1箇所に100枚ずつあるということですが、これからの卒業式で、マスクが家庭ですでにない子どもや病院、市の窓口対応される職員方などに緊急に利用することはできないか。


答弁備品のマスクは6000枚ほどあるという話ですので検討させていただきたいと思います。


要望是非、前向きに検討をお願いしたい。


 結果として1500枚を小中学校の分散登校や卒業式でマスクを用意できない児童生徒用に使えるようになりました。また、私たちの会派の高橋龍議員の仲介で市内の匿名の方から子供用のマスク1700枚を寄贈いただき、低学年の児童に使ってもらえることになりました。

 



議会報告③教育行政執行方針に関して2020/03/16 10:08

教育長の教育行政執行方針より

小樽市教育推進計画を基本理念に今年度の教育行政の執行方針を教育長が今議会の冒頭に表明しています。その中から何点かお聞きしました。 様々な新しい取り組みやこれまでの事業の改善を図ることは良いことだと思います。ただ、それが本当に子どものためになることなのか、教職員の過重な負担とならないか、保護者が望む教育環境となるのか、そんな視点で質問をさせてもらっています。

 

①「専科教員や授業改善推進チームの配置による「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を一層進めるとともに、~」このための専科教員や授業改善推進チームとは何か。市内への配置状況は。これまでの成果は

答弁専科教員とは小学校の特定教科の専門的な指導の充実と学級担任の負担軽減のために中・高免許を所有する教員を加配する取組のこと。 

授業改善支援チームとは複数の学校に1名ずつ授業改善推進教員を配置してその推進教員からなる事業改善支援チームを編成、各学校で事業改善に取り組む事業。

今年度については市内に専科教員が3名、それから授業改善支援チームとして6名の教員が加配されています。 

これまでの成果として教員の人数が増えることで子供たちによりきめ細かな指導ができることや専門的に指導ができる教員が配置されることで授業改善が進んでいることなどが報告されいます。

 

②「特別支援教育支援員を全校に配置」とは。これまでも配置されていたはずだが、全校の意味は。学校によって状況違うと思うが、配置人数等は。

答弁特別支援教育支援員についてでございますがこれまで配置希望のあった全ての学校について小学校18校中18校中学校12校中11校に支援員を各1名配置しておりましたがこの度これまで未配置であった中学校1校について配置することになったことから全小中学校への配置としています。

 

 

③「英語教育推進校、理科教育実践校、新聞活用実践校、プログラミング教育実践研究校、道徳教育推進校、体力向上実践校等々に指定と並んでいる。教職員の授業研究は大事な事だが過重労働が問題視されている中、心配。市教委においては、精選やバランスある配置をお願いしたい。働き方改革に逆行することの無いよう、管理職はじめ注意を喚起してほしい。

答弁指定校においては現在その各学校で実施している内容を改善したり、さらに充実したりして取り組んでいただきその成果を市内に普及していただきたいと考えています。また、市教委としても各学校をしっかりとサポートして参りたい。

 

④「現在、市内に6名配置している学校司書を1名増員」「部活動指導員の配置を6校から8校に拡充」などの人的支援は現場の働き方に好影響。感謝したい。ただ、根本的に教員定数の改善が一番の方法。これからも関係各所への働きかけを再度お願いするがどうか。

答弁教職員が児童生徒にきめ細かな教育が可能となるように教育委員会としては一層の定数改善や加配措置の充実などを国に要望するよう、引き続き北海道都市教育委員会連絡協議会を通じて道教委に要請していきたいと考えています。

 

⑤「小・中・高校生の文化芸術分野の部活動等への奨励制度を創設し、学校教育における文化芸術活動を支援」市長提案によると「文化芸術分野部活動における全国大会に出場する小中高生に対する奨励金」とのこと。初めてのことなので、具体的な想定は。内容説明を。この分野は部活動よりは個人での応募等がメインだと思うが、それらへの対応は?

答弁奨励金の内容ですが、現在具体的な要項の準備をしているところですが文化芸術系の部活動などで全国大会などに参加する児童生徒に対する奨励制度を新設するというものです。具体的には対象とする大会を国、地方公共団体、高文連などが主催する大会に限定することを想定しています。一方で営利を目的とする大会ですとか民間主催の音楽コンクール民間の教室などが行うけいこごとなどの発表会は対象外にすることを考えています。

合唱ですとかブラスバンドですとか演劇などの団体のほかに個人や少人数での部活を例えばの写真部、新聞部、放送部、文芸部なども想定をしています。文化系の部活動で個人団体問わず全国大会への参加者がいた時には対応していきたい。

佐々木元美術部顧問だったものですから美術部もぜひ宜しくお願いします。

 

 ⑥「忍路中央小学校を活動拠点とし、市指定無形民俗文化財である「忍路鰊漁撈の行事」を子どもたちが体験することにより、地域の民俗芸能の伝承活動を推進」とある。

·      文化遺産を活用した地域活性化に係る取組への支援

·  伝統文化親子教室事業

·  伝統音楽普及促進支援事業

·  Living History(生きた歴史体感プログラム)促進事業

など、

文化庁の各種助成金、支援制度の活用を考えてはどうか。

答弁民俗芸能伝承事業で学校と連携しながら「忍路鰊漁撈の行事」に子供たちが触れる機会を作っていきたいというふうに計画していますが、今のところ具体的な事業内容を保存団体や学校と調整中で来年すぐにということは難しいですが将来的にはご例示いただいた文化庁の助成金などを活用した取り組みができないか研究をしていきたい。


佐々木様々な教育についての新たな事業とさらに伸ばしてという提案がありましたけれども、やはり教員とっては負担があまり増えることにならないように。また、子どもにとっては詰め込みすぎにならないようにご注意のうえ進めていただきたい。


議会報告 ②一般質問2020/03/15 09:39

2020年第1回定例会  私の一般質問に対する答弁です。

長くなって申し訳ありませんが、読んで頂けるとうれしいです。

質問は

1 公共施設再編計画(案)について

2 地域型日本遺産申請について

についてです。

 

質問 1 公共施設再編計画(案)について

今回の計画案を私なりにまとめました。これを見たうえで以下の質問を読んでもらえると分かりやすいかな。


 ① 公共施設再編素案に対して、「縮小、削減ばかりで『夢や希望』が見えない。この計画で再編の効果、市民生活の向上などを語り、市民にとって魅力、プラスαがあるものなのだということをアピールしてほしい。」と要望したが、再編計画案ではそれらの点は活かされたのか。

 

答弁 計画案の第2章において、「本計画は施設総量の削減を目指すものですが、単純に公共施設の廃止を進めるものではない」ことを記載し、施設利用者の皆さんにとっても「施設の統合により、より良質なサービスが効率的に受けられる」ことや、「施設が複合化されることで、多世代交流が可能になる」といった「魅力の創造」も目指し、ハード面ばかりでなくソフト面の充実も図っていくことをお示しいたしました。

 また、第4章において、機能ごとに「施設再編に期待される効果等」もお示しし、市民の皆さんにとってのプラス面も御理解いただくよう、工夫を行いながら計画案の策定を行ったところであります。

 

 ② 長岡市役所の新庁舎を視察したが、総合案内窓口でワンストップサービスが行われていた。再編計画では、教育委員会が商業高校跡に移転するが、(本庁舎から)さらに遠距離となり、市民が様々な手続きや相談等のために行き来しなければならない。本庁窓口で全ての手続や相談ができるワンストップ化も視野に入れて、再編計画を策定してほしいと考えるがどうか。

答弁市民の皆さんが全ての手続や相談ができるワンストップ窓口を市本庁舎に設置することは、更なる市民サービスの向上にもつながりますので、将来的に本庁舎建て替えの実施段階では、ワンストップ化は導入しなければならない機能と考えております。

 

③ 国は全国の自治体に今後40年の公共施設の改修日程を盛り込む長寿命化計画を2020年度中に定めるよう要請している。よって、本市でもこの再編計画を基に長寿命化計画を作ることになるが、当面維持する施設の整備時期や改修時期を載せないことに問題はないのか。

答弁 再編計画において、在り方や整備方針が定められていない施設は、これまでどおり現施設を継続使用していくことになることから、長寿命化計画には必要な維持補修等を行っていく内容が記載されることになりますので、国が要請している内容と  が生じないものと考えております。

 

④ 当面維持する施設の整備方針の結論を示す期限を明示すべきではないか。また、現段階でその判断時期について示せることがあれば示せ。

答弁 建設費が多額になることや、建設場所の確保などの課題があることから、計画案の中では整備方針が定まるまで、当面維持としたところであります。

 現段階でその判断時期についてお示しできる施設はありませんが、いずれも老朽化が進んでいる建物のため、できるだけ早い時期に、整備方針を定めるよう努めてまいりたいと考えております。

 

更新の方針は示されたもの当面維持していく事になった市民会館です。耐震性に心配があります。一刻も早く整備方針を。


⑤ この再編計画にはどの施設を優先して整備・改修をすすめるかについて言及しているのは、再編方針にある「③安全性の確保」において「耐震基準を満たしていない施設は、優先的に再編を進める」とあるだけだが、施設の整備や改修を行うに当たり本計画に優先度はあるのか。

答弁 再編計画は、将来に向けて整備・維持していくべき施設の方向性を定めることを目的にした計画でありますので、この計画案では優先度をお示ししておりません。

 来年度策定予定の長寿命化計画において、事業順序をお示ししていきたい。

 

⑦ 再編計画において、優先度をつけるとすれば、市長公約にもあるF子育て支援」関連施設、機能を優先すべきである。「在り方や整備方針が定まるまで現施設を当面維持」とされている手宮保育所と最上保育所は、施設設備が非常に劣悪な状況にあり、優先度は最上位にあると考えるが、現段階における市長の見解を聞きたい。

答弁 両保育所の老朽化は著しく、子どもの居場所としての環境や安全面から、整備実施の優先度は高いものと認識をしております。

 このため、今後の保育需要のほか、民間を含めた保育施設の配置や利用定員の動向を見据えながら、早期に、両保育所の在り方や整備方針について定められるよう努めてまいりたいと考えております。


 

質問 2 地域型日本遺産申請について

 ① 今回申請したタイトルとストーリーの概略やこのストーリーを選択した理由、その意図について説明せよ。

答弁 明治以降、北日本随一の商都となった小樽を、小林多喜二が随筆の中で、北海道の『心臓』と例えた表現をタイトルに用い、昭和後期にいったん弱まった鼓動を「民の力」で蘇らせたこと、そして今後も「歴史を活かすまち・小樽」として新たな鼓動を生み出していくことを内容といたしました。

 また、このストーリーは、商都として栄えた面影が今なお現存する銀行街など、他に類を見ない近代建築群とまちなみを、本市の重要な財産と位置付け、今後もまちづくりに活用していくことで、地域の活性化を図っていくことを意図したものであります。

 

今回の申請で構成文化財となった小樽中央市場内で開かれた講演会


② ストーリー作成時、特に留意した点、特にアピールしたい点について説明せよ。

答弁 ストーリー作成に当たっては、単に文化財や歴史的経緯の説明にとどまることなく、起承転結を明確にし、目新しさのある「物語」となるよう意識したものであります。

 また、この度の申請を通じ、他に類を見ない特徴的な近代建築群とまちなみを「民の力」で積極的に保存・活用することで、「歴史を活かすまち・小


樽」をアピールするものであります。

 

③ 既に認定されている「北前船寄港地・船主集落」、「炭鉄港」との連携について解説せよ。

答弁 これまで北前船交流拡大機構の北前船寄港地フォーラムや、炭鉄港推進協議会の認定記念フォーラムの開催、加賀市との子どもの交流事業などにより、人的ネットワークの拡大や情報交換を行ってまいりました。

 今後、それらシリアル型で得られたネットワークを活用し、新潟市等での観光物産展開催、ストーリーや構成文化財による教育旅行誘致などを予定しており、それらの取組を通して、本市の歴史的価値を高め、魅力発信につなげてまいりたい。

昨年北前船についての全国シンポジウムが 小樽で開かれました。


④ 認定された場合、様々な好影響が予想されるが、特に経済観光面や市民のシビックプライド醸成への影響をどう予想するか。

答弁 次に、認定後の影響につきましては、経済観光面では、「日本遺産を活用した商品開発」や、「日本遺産の構成文化財を巡る観光コースの造成」などの取組によって、地域の活性化に結び付けたいと考えております。

 また、シビックプライドの醸成では、小樽観光大学校・おたる案内人の更なる充実・拡大や、教育委員会では、「ふるさと教育の充実」を図るため、小学校5年、6年生を対象に副読本「小樽の歴史」を配布するなど、市民の皆さんが小樽の歴史や文化遺産の価値を学び、まちへの誇りと愛着が高まることで、今後も現代の「民の力」を活用したまちづくりが進むことを期待している。

 

⑤ 市民に説明するため、今こそ市主催でシンポジウムを開催し、推進協議会の皆さんにアピールしていただいてはどうか。

答弁 日本遺産の構成文化財を生かしたまちづくりは今後の本市の活性化に向け重要であることから、これまで認定された日本遺産と併せ、開催に向けた検討を進めてまいりたい。

 

 有志市民が開いた日本遺産応援緊急シンポジウムです。皆さんの期待が高まります。